2010年02月06日

センター試験平均点、15科目でダウン(読売新聞)

 大学入試センターは5日、先月16、17日に行われた大学入試センター試験について、受験者数や平均点を発表した。

 受験者数は昨年より約1万3000人多い52万600人で、志願者全体に占める割合は94・08%(昨年93・32%)だった。

 科目別の平均点は、3番目に受験生の多かった国語(満点200点)が107・62点で昨年を7・84点下回るなど、29科目のうち15科目で昨年を下回った。

 ただ、受験者数が最も多かった英語の筆記(同200点)は118・14点で、昨年より3・12点アップ。次に受験者が多かった英語のリスニング(聞き取り)テスト(同50点)も、昨年より5・36点高い29・39点だった。

東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)
福岡県町村会裏金事件、中島前副知事を聴取(読売新聞)
【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目(医療介護CBニュース)
<国後沖>露ヘリが日本漁船に照明弾(毎日新聞)
<センター入試>志願倍率は4.7倍 2次試験出願状況(毎日新聞)
posted by ノマ コトブキ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。