2010年04月23日

JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会の起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は23日、業務上過失致死傷罪で事故当時、JR西日本の相談役だった井手正敬氏(75)ら歴代3社長を在宅のまま起訴した。業務上過失致死傷罪の公訴時効は最後の犠牲者が死亡してから5年となる今月30日に迫っており、成立目前の起訴となった。

 検察審査会の議決に法的拘束力をもたせた改正検審法に基づく強制起訴は、今月19日の明石歩道橋事故に続き全国2件目。

 他に強制起訴されたのは、事故当時それぞれ会長、社長だった南谷昌二郎(68)、垣内剛(66)の両被告。昨年7月に神戸地検が同罪で在宅起訴した前社長の山崎正夫被告(66)を含め、平成4年から昨年までに社長を務めた4人がいずれも刑事責任を問われることになった。

 地検は昨年7月、「安全対策を山崎被告に委任していた」として、井手被告ら3人を不起訴処分とした。これを不服とした遺族らの申し立てを受け、審査会は10月、起訴相当と議決。しかし地検が改めて不起訴としたため再審査を行い、今年3月26日に起訴議決を出した。

【関連記事】
事故直前の電話…がん闘病、亡き息子の笑顔が支え JR福知山線脱線5年
「現場重視」へ内からの動き JR福知山線脱線事故
報告書漏洩問題で溝深まる JR福知山線脱線事故で遺族アンケート
刑事裁判、処罰よりも真相を JR福知山線脱線事故 遺族にアンケート
被害者の4割にPTSD 県こころのケアセンター・加藤副センター長 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問(産経新聞)
分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)
患者拘束死、理事長らカルテ改竄 「病院守るため」隠蔽、書類送検(産経新聞)
3歳女児を浴槽に監禁容疑=同居の夫逮捕、夫婦で虐待か−福岡県警(時事通信)
posted by ノマ コトブキ at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。